残クレ 仕組み

残クレが成り立つ仕組みについて

決められた年数後の買取額を差し引いた分割払い

買取額を差し引いた支払額設定

残クレの仕組みについて

「残価」とは分割支払いが終了した時点の車の価値のことです。「残っている価値」という表現が分かりやすかも知れません。
例えば、3年のクレジットを組んだ場合、
「残価」は3年後の買取価格を意味しているわけです。

「残価設定クレジット」とは、この残価を先に設定した上で、残価を最初から差し引いた額を分割支払額とすることに特徴があります。

例えば、3年後の買取価値を新車車両価格の50%に設定した場合、分割支払額は車両価格の半分で済むということになります(もちろん新車購入時の諸費用は別途必要)。

これなら月々の支払額も極めて少ない額で済むというのも頷けますね。


なお、この時残価は正確には最終支払い分として設定されています。分割支払いが終了すると同時に車を返却するのは、最終支払い分を現物で支払うという意味でもあります。

「分割支払い期間が終わったら車を買い取りますよ。どうせ買い取るのだから、買取額を最初にあげましょう。車の受け渡しはあとでいいですから」ということですね。

一般的な支払い期間

どの自動車メーカーも分割支払い期間は3年が基本となっていますが、最近ではさらに月々の支払額を抑えたいという要望から、4年あるいは5年といった長期プランもどんどん用意されています。

ただ、現実として比較的低価格な軽自動車ならば3年プランでも既に月々の支払は楽になったりします。

3年後の残価率設定は40〜50%

「残価」は分割支払い期間終了時の車の買取価格。普通は中古車市場ニーズなどによって価値は変動するが、残価設定ではこの価値を保証しています。メーカーによって残価率は異なりますが、例えば軽自動車の場合なら概ね車両本体価格の50%くらいが基本です。

4年、5年と長くなるほど残価率は低くなります。

次のページ「残クレのメリットについて

ディーラー下取りよりも圧倒的に高く売れる中古車買取!

《車を限界まで高く売るならココ》

ズバット車買取比較

中古車を限界まで高く売るなら、無料オンライン査定を活用することで、50万円以上高く売れることは全く珍しくありません!


下向き矢印

あなたの愛車は今いくら?

このエントリーをはてなブックマークに追加