残クレ 金利 残価率

残クレの金利と残価率|普通車と軽自動車との違い

残クレの金利と残価率設定はほぼ同じ

金利と残価率を知る

前ページまででやっと正体がはっきりしてきた残価設定クレジット。そのメリットに注目が集まり出すとともに、各メーカーは揃って力を入れ始めています。

メーカー別残クレ詳細一覧

メーカー

商品名

支払期間

金利

残価率

トヨタ

残価設定型プラン

車種・支払期間によって変動

車種・支払期間によって変動

車種・支払い期間によって変動

日産

残価設定型クレジット

3、4、5年

4.9%

車種によって変動

三菱

スーパーマイカープラン

3、4、5年

3.9%

車種によって変動

スバル

SUBARU安心プラン

車種・支払期間によって変動

車種・支払期間によって変動

車種・支払期間によって変動

ホンダ

残クレ

3、4、5年

3.9%

50%

ダイハツ

ワンダフルクレジット

3、5年

3.9%

50%

マツダ

マツダスカイプラン

3、5年

3.9%

車種によって変動

スズキ

かえるプラン

3年

3.9%

50%


上記一覧でも挙げたとおり、現在では国産メーカー全社がクレジット商品の一つとして用意している状況。どのメーカーであっても残価設定クレジットのシステム自体はほぼ同じであるが、チェックすべきは残価率設定と支払期間、そして金利の3つ。

残価率とは、社章価格の何%が買取価格として保証されるかという設定値なので、中古車買取相場価格が比較的安定傾向にある軽自動車では50%という高い残価率を設定している場合がほとんどです。普通車では40%が一般的。

残価率以上に分割支払額に影響するのが支払期間。軽自動車の場合は多くが3年、つまり36回払いが基本となります。普通車では3〜5年が一般的。

ダイハツは最近になって5年のプランも設定しましたので、この数値も時代に応じて変動していくことが予想出来ます。

近年スモールカー販売に注力しているホンダは3年、4年、5年という多彩なプランを用意しているため、支払額の設定にはより自由度があります。

残クレの金利について

ローン金利に関しては、どのメーカーも基本的に3.9%が現在のスタンダード。特別低金利1.9%キャンペーンが得意なホンダであっても、対象車は普通車に限られているため、実際には横並びの状態です。

意中の車が決まっている場合は、そのメーカーの残価設定クレジットの情報をチェックしてみましょう。分からないことは店頭で納得いくまで説明してもらうのは言うまでもありません。

次のページ「残クレのデメリットについて


ディーラー下取りよりも圧倒的に高く売れる中古車買取!

《車を限界まで高く売るならココ》

ズバット車買取比較

中古車を限界まで高く売るなら、無料オンライン査定を活用することで、50万円以上高く売れることは全く珍しくありません!


下向き矢印

あなたの愛車は今いくら?

このエントリーをはてなブックマークに追加