車の相続手続き

車の相続手続き徹底解説

イザという時・・・役に立つ!【車の相続手続き】

クルマの相続手続きについて

親族が不幸にも亡くなり残された愛車。

そのまま乗り続けるにしても、売却をするにしても名義変更手続き(相続手続き)が必要となってきます。

その手続き方法について詳しく解説します。

基本的には通常名義変更に必要書類をプラス

親族が亡くなり、その親族名義の車が残っている場合には、該当車両の相続手続き(名義変更手続き)が必要となってきます。ここでは、亡くなった親族と同居する相続人が単独所有するケースで説明をします。
この手続位はまず、「現所有名義人が亡くなっている」ことを証明する書類を添付するところが、通常の名義変更手続きと異なる箇所となります。

そこで、所有名義人が亡くなっていることを証明する戸籍謄本(除籍謄本)が必要となります。

さらに必要なのが「遺産分割協議書」というものです。この書類は販売店で用意されていたり、ネットでも確認することができます(決められた書式があるわけではありません)。

この書類は、相続人全員が、新所有名義人を当該車両の取得について認めたことを証明する書類で、新名義人となる相続人は署名と実印の押印が必要、その他の相続人は署名と押印(認印でOK)が必要となります。

車の相続に必要な書類


事務手続き自体の流れは、必要書類が一般的な名義変更と異なる程度ですが、例えば「結婚して苗字が変わった」「引っ越しをしたけど前の住所の管轄運輸局のナンバープレートのまま乗っていた」など、当該車両の車検証記載内容に変更があったのに手続きをしていないと、改姓や住所変更したことを証明する書類を添付したりするなどの手間が掛かってしまいます。

くれぐれも記載内容に変更があった場合には、速やかに変更手続きをしておくことがおすすめです。

生前に通常名義変更で対応するのがおすすめ


どちらのしても手間が増えることは確か。他に手立ては無いのでしょうか?
もっとも良い方法は、所有名義人が生きている間に名義変更することですね。仮に病気などでもう余命がないことが分かっている場合に通常の名義変更をしておくことで、実務上の手間暇はほとんど無くなります。

ただしここで注意点としては、存命中の名義変更は「生前贈与」ということになるので、事前に他の相続人に生前贈与を受けたこと、もしくは生前贈与を受ける旨を他相続人に伝えて了承をもらっておかないと、のちのちのトラブルにもなりかねないのでその辺りのいわゆる「根回し」は必要になってくるかもしれません。

贈与税・相続税について

車の生前贈与や相続などで、贈与税や相続税が発生するケースがあります。ただし基礎控除額(贈与税は110万円、相続税は遺産相続が「5000万円+(相続人の数×1000万円)」を超えなければ、贈与税や相続税は発生しません。

また、例えば旦那さんが亡くなり、奥さんが相続するようなケースでは「思い出」として名義変更をせずにそのまま乗り続けたあとで売却を行ったりすると、手続きがより煩雑になったりする場合もあるので注意が必要です。

さらに、自動車税などの減免申請を行って所有していた車両を、名義人が亡くなったのに相続手続きをせずに乗り続けていると、乗っていた人に悪意があったかどうかを問わず、不正に自動車税の減免を受け続けたとして、その期間の自動車税などをまとめて納付しなければならなくなるケースもあったりします。

なお上記はあくまでも一例に過ぎず、実際相続手続きを進める際にはその人や家族周りの諸事情が重なるので、管轄陸運局などに相談して必要書類の再確認をすることをおすすめします。

まとめ


もし生前贈与が面倒、、、という場合は、相続人が生きている間に売却してしまうのが一番カンタンで一切の手間が必要無くなり、その金銭は通常の相続ないし贈与にする、という方法も良いでしょう。

ただし、一つ注意点として、もしローン支払い中だった場合はどうなるのかについても知っておく必要がありますのでそちらについては次のページで詳しく解説します。

ローン支払い中の相続手続きについて

ディーラー下取りよりも圧倒的に高く売れる中古車買取!

《車を限界まで高く売るならココ》

ズバット車買取比較

中古車を限界まで高く売るなら、無料オンライン査定を活用することで、50万円以上高く売れることは全く珍しくありません!


下向き矢印

あなたの愛車は今いくら?

このエントリーをはてなブックマークに追加