中古車査定

中古車査定 - 実査の流れと査定額を高くするポイント

実際の査定の流れと査定時に注意すべきポイント

中古車オンライン買取査定を実際に行う際、査定士が出張査定に来てくれることになりますが、どのような流れになるのか不安に思う方もいるでしょう。
査定に来る業者は数社になりますが、実査の流れについて簡単に説明します。

また、査定を高くするポイント、というよりは
『査定額を低くしないために覚えておく良い点』についてお伝えします。

オンライン買取査定入力〜中古車査定の流れ

実査の流れは以下のようになります。

  1. 中古車の現在の状況(車種名や年式、走行距離など)、ユーザーの住所、電話番号等入力、送信

  2. 住んでいる地域が参照され、お近くの中古車買取業者からメールまたは電話にて連絡が入る

  3. 連絡後にやり取りを行い、査定日を決める

  4. 実査後、買い取りに対する見積金額が提示されるので、満足行く結果が出れば売却手続へ

オンライン買取査定を申し込む段階で、メールアドレスと電話番号の入力は必須項目になっていますので、どちらかで連絡が来ることになります。仕事やプライベートなどでのご都合もあるでしょうから、どちらの連絡方法がいいのかを伝えておくのも良いでしょう。

電話連絡などで聞かれること

査定前に電話等で聞かれることはほぼ決まっており、
「走行距離」、「次回車検時期」、「オプションの有無」、「シートの色」、「レザー仕様かどうか」、と言った項目ですので簡単に答えられる内容ばかりです。あとは実査の日程です。

電話が掛かって来るといってもこれくらいで、別に売り込まれるわけでもなく、ましてや何かを購入するなどということは当然ながらありませんので、全く恐るるに足りません。


実際の査定時に気をつけるポイントと効率よい方法


もし査定時に希望買取金額を聞かれたら
これは間違っても希望金額を伝えてはいけません。買取業者は複数来ます。その中で一番高い見積を出してくれた業者に売りたいわけですから、査定希望額を言ってしまえば、それをベースにして決められてしまう可能性があります。伝えるべきことは「高い査定をしてくれたら売りますよ」だけでOKです。

複数社の査定を効率よく段取りしつつ、競わせるには

オンライン買取査定を使うことで、複数社の査定を受けることができます(1サイト平均3〜5社)。
これらを全て別日程で組むと大変なので、出来るだけ一日で、しかも同じ時間でまとめてしまいましょう。時間短縮が出来るとともに、必然的に競争が生まれます。

具体的には、「名刺の裏に査定金額を書いてもらう」ことで、その場で高い金額を出さなければ負けてしまう!という競争意識を掻き立てることにもなります。

もちろん一番高いところで売却すれば良いですが、その後の連絡などで更なる高額査定を見積してくるかもしれません。


中古車査定時にはこういった細かいやり取りでも金額が変わってきますので、ぜひ参考にしてください。

また、オンライン査定を活用することで、いくつもの業者にこちらから足を運ぶことなく査定を進めることが可能です。
また、何よりも、
  • 複数業者に競わせることができる
  • 愛車の概算最高査定価格が事前に分かる
  • ディーラー下取りと買取業者の査定額も競わせることができる

上記のメリットがありますので、高額査定を目指すならぜひとも事前に進めおくのが良いでしょう。

ディーラー下取りよりも圧倒的に高く売れる中古車買取!

《車を限界まで高く売るならココ》

ズバット車買取比較

中古車を限界まで高く売るなら、無料オンライン査定を活用することで、50万円以上高く売れることは全く珍しくありません!


下向き矢印

あなたの愛車は今いくら?

このエントリーをはてなブックマークに追加