CR-V買取相場

CR-V買取相場と査定価格を限界まで高くして売るコツ

CR-Vの買取相場と高額査定を得る方法まとめ

CR-Vのリセールバリュー(下取り再販価値)

乗用車感覚の走りとSUVらしい高い機能性を兼ね備えたCR-V。SUVにありがちな重心の高さを、ホンダ独創の底床技術によって改善、ハンドリング特性が向上してスポーティーな走りが魅力の一つです。

スイッチひとつで低燃費モードに切り替えられるECONスイッチが標準装備されている点も評価ポイント。

歴の長い車なので中古車買取相場では価格が大きく変わってきますが、複数の買取査定業者で見積をとることで、少なくとも10〜20万円の査定差額は見込めるので必須で活用するとよいでしょう。


高く売るための第一歩!まずはCR-Vの買取相場価格を把握

今乗っているCR-Vを高く売るためには、まず初めに現在の中古車買取相場価格がどれくらいなのかを確認しておきましょう。

買取相場価格が分かれば、自分のCR-Vを売る際の一つの目安となります。

まずはCR-Vの買取相場価格の直近実績値について一覧でまとめていますので、愛車の年式やグレードと照らし合わせる際の参考にしてみてください。

CR-Vの買取相場価格実績一覧

年式

グレード

走行距離

査定業者数

買取査定価格

2011年(平成23年) 20G(CVT 2.0)

5千〜1万キロ

2社

210万円

2010年(平成22年) 20G

4万〜4.5万キロ

3社

160万円

2009年(平成21年) ZXi 4WD(AT 2.4)

2.5万〜3万キロ

5社

197万円

2009年 ZLアルカンターラNAVIエディション

1万〜1.5万キロ

6社

192万円

2008年(平成20年) 不明

2.5万〜3万キロ

8社

135万円

2008年 ZL(AT 2.4)

1万〜1.5万キロ

5社

142万円

2008年 ZXi 4WD(AT 2.4)

11万〜12万キロ

1社

80万円

2007年(平成19年) 不明

3万〜3.5万キロ

3社

105万円

2007年 ZXi 4WD(AT 2.4)

3.5万〜4万キロ

3社

145万円

2007年 ZX

3.5万〜4万キロ

2社

160万円

2006年(平成18年) ZL

2.5万〜3万キロ

2社

130万円

2006年 ZL

2.5万〜3万キロ

6社

158万円

2006年 ZX

9万〜10万キロ

3社

20万円

2004年(平成16年) 不明

10万〜11万キロ

3社

25万円

2004年 不明

6万〜6.5万キロ

2社

60万円

2004年 iL-D(AT 2.4)

6.5万〜7万キロ

4社

62万円

2003年(平成15年) フルマークiL(AT 2.0)

2万〜2.5万キロ

5社

31万円

2003年 パフォーマiL 4WD(AT 2.0)

7.5万〜8万キロ

3社

47万円

2003年 フルマーク4WD タイプ:IL

3万〜3.5万キロ

4社

60万円

2002年(平成14年) フルマークiL

10万〜11万キロ

6社

22万円

2002年 フルマークiL

6万〜6.5万キロ

5社

47万円

2002年 パフォーマiL

13万〜14万キロ

4社

25万円

2001年(平成13年) フルマーク_iG_4WD(AT)

11万〜12万キロ

6社

10万円

2001年 フルマーク_iL(AT)

6万〜6.5万キロ

4社

28万円

2001年 フルマーク iG

6.5万〜7万キロ

4社

45万円

2000年(平成12年) パフォーマナビオ(AT)

5.5万〜6万キロ

5社

2万円

2000年 フルマーク

2.5万〜3万キロ

4社

8万円

2000年 フルマークプレミアム

5.5万〜6万キロ

5社

24万円

1999年(平成11年) 不明

7万〜7.5万キロ

1社

3万円

1999年 不明

9万〜10万キロ

3社

5万円

1999年 不明

2万〜2.5万キロ

5社

15万円

※みんカラ下取り相場買取実績価格参照


CR-Vを高く売るためには

現状の中古車買取相場では比較的古い型の車が目立ち、市場では今も活発にCR-Vのやりとりがなされている様子が分かります。型落ちが目立つために買取査定価格も比較的低めですが、10年落ちでも60万円を超える査定価格が付いている点は特筆すべきでしょう。

出来るだけ高く売るためには複数の査定業者を使って競争させ、一番高値を付けた業者をマークした上で、そのまま売却してもよし、新車購入時の下取り査定価格をディーラーとの交渉条件にしてもよし、どちらにしても好条件が引き出しやすくなるのでオススメです。

下取り査定時の注意点として、ディーラーや1社の中古車買取業者ではそこに一切の競争相手がいないため、買い手の言い値によって査定価格が決まってしまうということです。間違ってもディーラーにそのまま出したり、1社のみでの下取り査定で終わらせないことが大切。

高額査定をゲットする可能性を上げることになるので複数社の査定業者で競争させましょう。

では、その複数の買取査定業者をもっとも効率よく競争させるための方法について見てみましょう。

CR-Vをあと最低20万円高く売るために最重要な3つのポイント!

@自動車販売ディーラーや中古車買取店に持ち込まない!
A完全無料の中古車買取査定サイトで一括査定する!
B上場企業が運営する中古車買取査定サービスを複数活用する!

以上3点を踏まえて、実際のオンライン中古車買取査定サービスの実績を見てみましょう。


車両本体が安い車でも複数の査定業者を使うことで価格差が大きく現れる!


CR-Vを買取してもらう際や新車の乗り換え時には、

オンラインの中古車買取査定サービスを活用

することがオススメ。
複数の査定業者間で買取価格競争が働くため、ディーラー下取りよりも大幅査定額アップが簡単に見込めます。

「かんたん査定ガイド」では愛車の最高概算価格がオンラインでその場で分かりますので、とりあえず愛車の概算最高買取価格を知りたい方にはうってつけな完全無料のオンラインサービスです。

「かんたん車査定ガイド」買取実績一覧



また、とりあえず査定額をチェックするよりも、

今スグどこよりも高く買い取って欲しい!

という場合は、中古車買取査定サイトの中でも一番人気で高額査定を叩き出す「ズバット車買取比較」がオススメ。

「ズバット車買取比較」買取実績一覧


SUVながら乗用車的なフィーリングが魅力CR-Vの高額査定を引き出す

荷室の使い勝手は特筆すべきポイントで、アレンジのしやすさは使ってみたオーナーであれば分かる通りかなりの評価ポイントとなります。中でもラゲッジ側のレバー操作で後席をすっきり格納できる機構は、多彩なニーズに対応することが求められるSUVにこそ相応しい機能と言えます。

走行性も高い水準にあり、市街地走行で多用する低・中速域のフィーリングはさすがホンダといったところで扱いやすさが目立ちます。ストレスのない走りが型落ちになっても人気を維持する要因と言ったところでしょう。

一番低いグレードである20Gでも十分満足行くスペックであり、中古車買取相場価格以上の査定額を獲得するためにも、複数社の買取査定業者を活用して高額査定を引き出しましょう。

オンラインの中古車買取査定サービスを使うのと使わないのとでは、その査定価格に思ったよりも大きな価格差が発生することは、実際にやってみないと分かりませんし、やらないことによって大きく損をすることは既に実績データが明確に物語っています。

上手に活用して、高値売却に十分役立ててみてください。


ディーラー下取りよりも圧倒的に高く売れる中古車買取!

《車を限界まで高く売るならココ》

ズバット車買取比較

中古車を限界まで高く売るなら、無料オンライン査定を活用することで、50万円以上高く売れることは全く珍しくありません!


下向き矢印

あなたの愛車は今いくら?

このエントリーをはてなブックマークに追加