車買取と下取りの違い

よくある間違い「車買取」と「下取り」の違いについて

車買取と下取りの違いについて

最近では一般化してきた「車買取」ですが、これは読んで字のごとく、車を買取ってもらうことを指します。

ではこれも一般的な「下取り」との違いは何でしょうか。

結論から言うと、「買取」は買取専門業者が行い、「下取り」はディーラーや販売店などが新しい車を購入してもらう代わりに今まで乗っていた車を引き受けますよ、ということです。

ディーラーや販売店は買取の専門業者ではありませんから、当然査定項目は買取業者とは異なり、査定はマニュアルに沿って行われます。これに対して、買取業者は日々変動するオークション価格を把握しつつ、プロの目で専門的な価値を見出して査定を行います。

では、両者のメリット・デメリットについて見てみましょう。

車買取と下取りそれぞれのメリット・デメリットについて

車買取

下取り

メリット

・オークションの相場価格を基準に、買取専門のプロが丁寧に一つずつ査定すべき項目をチェックするので、正確で確実な査定金額になり、高額査定になりやすい

・オンライン買取査定では複数業者が一括査定をしてくれるので、見積競争が起こって査定価格の吊り上げが自動的に起こりやすい

・新しい車を買う必要がなく、買取単体で行なってくれる
・買値が全く付かない状態の車(例えば事故車)でも下取りしてくれることが多いので、廃車費用を浮かすことが出来る。
(ただし事故車買取専門業者あり)

・新車を購入する際に、最終値引き交渉の材料として活用しやすい
(オンライン買取査定を使えば、更に買取業者との相見積で競争させることが出来る)

デメリット

・場所や日付によって価格が変わるので、条件によってはばらつきが出やすい(ただし多数業者を活用すればヘッジ可能)

・年式や走行距離が多すぎた場合には買値が付かない場合がある


・オークションなど買取相場価格が反映されていないので、ディーラーの都合によって査定がされるため、市場価格よりも低く見積もられるケースが圧倒的に多い

・マニュアルに沿った査定なため、オプションなど本来査定額が付く項目もスルーされ、せっかくの査定額アップを逃すことになる

ディーラー下取りよりも圧倒的に高く売れる中古車買取!

《車を限界まで高く売るならココ》

ズバット車買取比較

中古車を限界まで高く売るなら、無料オンライン査定を活用することで、50万円以上高く売れることは全く珍しくありません!


下向き矢印

あなたの愛車は今いくら?

このエントリーをはてなブックマークに追加